制服女子

だいすき #22


別名『月刊生通信11月号』
お陰様で年内分は完成致しました。

念写による映像です。
1920×1080/30fps/再生時間=14:40/登場人物=3?4名のオムニバス。
登場人物へのモザイク処理等はございません。もちろん音声あり。状況により販売の打ち切りや、価格の変動がございます。ご了承下さい。

今回もリアル感重視、kの日常そのものです。

モデル1
いつまでも夏ですみません。左に3名、前方に2名。どこに行こうか贅沢な悩みの末、左前のfjkにロックオン。なんて事ない映像かもしれませんが、幸せな時間を過ごせました。だいすき。
モデル2
ようやく季節に追いつこうとしてます。結果的に黒パン。ドア側を狙いたかったのですが、前リュックは流石に厳しいですね。
モデル3
『月刊生通信11月号』9分30秒間程の布映像になります。顔鳥は降車の際の一瞬になってしまいました。どんまい。今まではエスカがメインだったのですが、個人的にはニアポジを制したかったので今回は大満足です。
初日、右隣にいた同業者との激しいスクリーンアウト合戦開始。しかしあっさりと制され(弱っ)着席。それでもそこは同業同士、暗黙の紳士協定。良い距離感でシェア。降車の際、笑顔で会釈されました。これからも互いに頑張りましょう。
話が逸れました。初日の映像を確認してビックリ。遂にこの子も黒パンか・・・と思いきや、いつもの白の黒バージョン、黒生だったのです。なんだか妙に興奮してしまいまして、久々駅W.C.直行。最高に気持ち良かったです。だいすき。
2日目はすんなりと背後をGET。しかし顔鳥はございません。終盤狙いはしたのですが無理でした。すみません。ただこの日は安定のいつもの白生。最高に可愛いです。違ってたらすみませんなのですが、なんか女の子の日っぽいんですよね。だとしたら初日の黒生の説明が付くのですが。ってまあ、生を拝見させていただけるのであれば何でも良いですけど。だいすきに変わりはありません。

以上、簡単ではございますが、商品の説明となります。

kを愛する皆様、だいすきを楽しく共有致しましょう。
あらためまして今作も宜くお願い致します。

タイトル:だいすき #22