痴漢風シュチュ・羞恥

Mr.内科医の秘蔵コレクション(その14 中編)プルンプルン保育園


【販売してしばらくして段階的に値上げしますので、購入希望の方はお早めに購入をお勧めします】

東京で内科医をしています。知り合いの先生に頼まれて、いくつかの病院を掛け持ちで診察しています。
最近、よく診療に行く婦人科クリニックで、うまくカメラ設置できたので、
①診察室(前編)と②婦人科室(中編)③処置室(後編)の構成になっています。
※こちらの商品は②(中編)になります。ご注意ください。
※前編(聴診器、おっぱい触診、乳腺エコーの様子)
※中編(この子が婦人科の診察台で大股を開き、指を突っ込んで触診します)
※後編(この子に鎮静剤をうって眠らせてイタズラする動画)

☆前編と後編のセット品の購入がお得です☆

②(中編の説明)
婦人科検診室にカメラを仕掛けました。この部屋はみなさんよくご存知の、こちら側に股を大きく開いて座る椅子があります。
女性としては彼氏や旦那以外の男性である私に股を広げて指を中に入れられたり、エコーのプローブを入れられたり、相当恥ずかしい検査に違いありません。

まずは、検査用のスカートの状態にパンツを履いたままで問診を始めます。
この時すでにこちらからは、パンツが丸見えです。この様子は、ポケットに忍ばせた医者目線カメラでじっくりご覧ください。
問診では、ほんとは必要のないこともちょっと聞いてしまったりします(*^^) 
その後、子宮内の細胞を採取しますが、自己採取を希望とのことで自分で膣に器具を入れて採取してもらいます。まるでオナニーをしてるみたい(#^.^#)
もちろんこの様子もしっかりカメラで捉えてます。

次に、私が膣内に指を入れて内診します。仕事とはいえ、やはり女性器の中に指を入れるのはいつも最高の気分です。指を入れた瞬間の内部のぬくもりがたまりません。
股を閉じようとしますが、私の「もっと開いて」の言葉に屈して、「はい」と言いながら恥ずかしい秘部を見せるように自ら股を開かせます。
最後は、膣用の専用プローブを入れての超音波検査です。これは、見ようによってはというか、バイブ突っ込んでいるようにしか見えませんね(笑)
先端こそ振動しないものの、女の子によっては感じてしまうかも?!というもドキドキしてしまいます。

一通りの検査を終えて、安堵の表情です。

しかし、ここでまだ終わりではないんです。この後、処置室にいき、鎮静剤を打ってのイタズラが待っています。こちらは後編でお楽しみください。
評価いただけたら、他の女の子の同様の映像も出していきたいと思いますのでよろしくお願いします!

ファイル形式:MP4
解像度  1920×1080
再生時間 12分38秒

タイトル:Mr.内科医の秘蔵コレクション(その14 中編)プルンプルン保育園

関連作品